読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフワークEnglish

プロが教えるTOEIC900点を最短で取る方法と英会話が上達する学習法情報満載

読まないと損するビジネスマンのための英語多読用教養書とは?

英語多読

こんにちは!日常と仕事に英語を取り入れる英語ライフワーカーのジュリカ(@julikayab)です。

手っ取り早く教養をつけたいビジネスマン必見。

今すぐ読める英語多読用教養書探してませんか?

それなら断然これがおすすめ!

オックスフォード大学出版 Very Short Introduction「超短い入門」シリーズです。

こんな人向け

超短い入門は断然おすすめ!

 

  • てっとり早く教養をつけたい

  • 多読がしたい

  • 本が好き

  • 絵本は読みたくない

  • 児童書は退屈

  • 英語教材は低質

  • 洋書が読みたい

  • 簡単な本が読みたい

  • 知識をつけたい

  • 読んで価値がある本しか読まない

  • 社会的な題材を扱った本が読みたい

  • ビジネスにも役に立つ本が読みたい

欲張りな人にすっごいおすすめ。

いや、自分はそんな英語、自信ないっすって人には

ビジネスとかさておき、英語をなんとかしなきゃだから、

まずこっちをおすすめする。

julikayab.hatenablog.com

話に戻ろう。

ここがすごいぞ!Very Short Introduction

簡単すぎて拍子抜け

なんといっても説明がわかりやすい。

社会とは何か、国とは何か、お金の働きとは何か。

ぱっと説明が上手い人がいる。

なぜその人がそういった説明が上手いのかと言えば、

例え話が上手いからだ。

社会科学、国家論、金融学などを、

小学生、中学生に噛み砕いて教えられるだろうか。

英語の本の特徴として、

一番最初から、言葉の定義づけがしっかりしている点が素晴らしい。

皆が周知である言葉さえも、最初に定義づけを明記するのだ。

Wikipediaの英語版が読みやすいのはそのような理由からだ。

「お金」とは「社会に流通するもの。貨幣を指す。」と端的に説明されている。

ラインナップ

Oxford University 英国屈指の伝統校

www.amazon.co.jp

  • 経済学 Economics: A Very Short Introduction

  • グローバリゼーション Globalization: A Very Short Introduction

  • グローバル経済史 Global Economic History: A Very Short Introduction

  • 国際関係学 International Relations: A Very Short Introduction

  • 社会心理学 Social Psychology: A Very Short Introduction

  • 近代日本 Modern Japan: A Very Short Introduction

  • 多文化主義 Multiculturalism: A Very Short Introduction

  • ガナバンス Governance: A Very Short Introduction

  • 外交 Diplomacy: A Very Short Introduction

  • 哲学 Philosophy: A Very Short Introduction

  • 論理 Logic: A Very Short Introduction

など。その他多数。

多読に漫画や小説は経済的じゃない

だからと言って長すぎても飽きてしまう

漫画や小説貧乏、最近ではAmazon貧乏というのを良く聞く。

(漫画や小説をAmazonで買いすぎて散財する人のこと)

特に多読は読み捨てていくものだ。

1冊の本に固執するよりも、

色々な種類をたくさん毎日読むことが求めらえる。

その点で、厚くて高価なハード本よりも安価で質が高いものをぜひ選びたい。

「超短い入門」シリーズとの出会い

www.amazon.co.jp

「超短い入門:『生きる意味』~深良い話だってある」

そこで出会ったのが、この

"Very Short Introduction" 超短い入門シリーズだった。

しかし、内容は非常に関心を惹くもの。

言葉や文法は平易だ。

この本は特に、

  • 実用書しか読まない

  • ビジネスに強い関心がある

  • 色々なことを吸収したい

という方に特におすすめである。

「教養書の多読」は名実ともに最強

多読のやり方は過去記事に書いたのでそっちを読んでほしい。

julikayab.hatenablog.com

多読をする本の質、内容も重要だ。

どんな種類の本をたくさん読むかによって、

その人の話し、書く英語が変わる。

まとめ

読めば読むだけ教養がつく

  • 手早く教養を身につけろ

  • 幅広い知識をつけろ

  • やさしくたくさん読め

  • 迷ったらとりあえず「短い超入門」読んどけ

このブログを書いた人

樹莉花(ジュリカ) 13歳で日豪学生親善大使として渡豪。英語に目覚める。16歳で国際英語コース特待生。当時、英語の偏差値のみ70以上あった。(数学は40くらいでした……恥)「人事部評価が東大より高い国際大学」に入学。4年間で3,000時間以上英語で講義を受ける。大学3年次、東京青山でインターンとして広報、企画、翻訳に携わる。子どもと英語が好きでティーチングに興味があるという理由から英会話学校に入社。幼稚園児~社会人に英会話、英検、TOEICを指導。退職後、神奈川へ。韓国人男性と結婚予定。海外留学・在住経験なしで独学でTOEIC 860点取得(2015年1月当時) ブログでこじらせ系と揶揄される。気分が良いときは小躍りする癖がある。 英語でチャレンジ!「身長×2倍の数を多読する」に挑戦しています!