読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフワークEnglish

プロが教えるTOEIC900点を最短で取る方法と英会話が上達する学習法情報満載

なぜ「身長×2倍 英語多読日記」を始めたか

f:id:julikayab:20150627094045j:plain

なぜ「身長×2倍の数 英語多読日記」を始めようと思ったか?

それはずばりプロになりたかったからです。英語をライフワークとして生きていたかったからです。

TOEIC860でも"This is a pen."レベル

伊藤サムさんの「やさたく」の本を読んで、「プロを目指すなら責任がある。プロを目指すなら身長×2倍の厚さの量の英文を読むことだ」と仰られていたためです。樹莉花がプロになるのか?というの疑問はさておき。中途半端な英語をなんとかものにしたいという一心で、プライドをかなぐりすてて挑んでいます。

何かに果敢に挑戦したい

私は、"Julia and Julia"という映画が大好きです。実は、自分の英名"Julika"とこの2人の女性からつけています。いつまでも、この気持ちを忘れないためです。どんな映画なのでしょう?

1960年代に出版したフランス料理本で人気となった料理研究家ジュリア・チャイルド(Julia Child)と、その全レシピを1年で制覇しようとしてブログに書く現代のジュリー・パウエル。二人の実話を基にした作品。

ジュリー&ジュリア - Wikipedia

Julieが挑戦する、"Julie/Julia Project"とは、524個ものレシピを365日で制覇するという、なんとも無謀な挑戦だった。その挑戦を通し、彼女は日々の繰り返されるだけの生活から「料理」に喜びを見いだし、ついには念願の本を出版する、という2人の女性のサクセスストーリーを描く。この映画が好きな理由は単に「成功した女性の話」だからではない。人生のうち、迷ったり、自分がしたいことを見失ったり、キャリア街道を進む友人との隔たりに辟易したり。その時代、時代の等身大の女性の生きる姿を映しているからだ。時には大声で泣いたり、有頂天になって喜んだり、そんな人間らしいのがこの映画の魅力だ。

「やさたく」と"Julie/Julia Project"をミックスしたのが、今回の「身長×2倍の数 英語多読日記」です。

このブログで書いていくこと

●1年もの時間を多読に費やすとどうなるか
●多読の効果を克明に日記に記録
●メリット、デメリットを挙げる

乞うご期待!

 

このブログを書いた人

ジュリカ@英語ライフワーカー 

ジュリカ@英語ライフワーカー。「英語を日常と仕事に取り入れる」をモットーに独学の学習法を紹介。海外留学・在住経験なしで独学でTOEIC 865点取得(2015年1月当時) 「人事部評価が東大より高い国際大学」に入学。4年間で3,000時間以上英語で講義を受ける。大学3年次、東京青山でインターンとして広報、企画、翻訳に携わる。英会話学校に入社。幼稚園児~社会人に英会話、英検、TOEICを指導。退職後、神奈川へ。韓国人男性と結婚。ブログでこじらせ系と揶揄される。気分が良いときは小躍りする癖がある。