読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフワークEnglish

プロが教えるTOEIC900点を最短で取る方法と英会話が上達する学習法情報満載

「落書き英文整理法」で難解な英語が瞬時に100倍理解できる

英語学習法

こんばんは!英語を生活と仕事に取り入れる英語ライフワーカーのジュリカ(@julikayab)です。

今日は筆者も実践している「落書き英文整理法」で難解な英文を瞬時に理解する方法を伝授します。

落書き英文整理法

やり方はすっごく簡単!

 応用できるもの

やること

落書きしよう!

メモ帳、ノートや裏紙に落書きする。

それだけ!

なんのためにするの?

脳内を整理する

  • 紙に書くことによって自分の脳内を整理するため

  • イメージ化することにより、記憶により定着させる

使ったもの

題材にした英文記事

  • 紙とペン

  • TIME Business time.com

"This May Be the Future of Solar Power" -Ben Geier / Fortune (May 18, 2015)

  • 使った英英辞典 www.thefreedictionary.com

実際やってみた

【落書き完成図】

実際の落書きノート

  • 題材をプリントアウトする。またはwordで作成も可(図1)

  • 構造を理解し、線を引いていく(文節ごとにスラッシュを入れていく)

  • わからない単語や表現に線を引く

(図1)
文節ごとにスラッシュ。わからない単語に下線

Chromeは英単語をググると一番最初が英英辞典や百科事典が出る機能を利用する。

辞書は何度も引かない。

  • 簡単な単語に置き換える。簡単に自分で説明書きを書く。

→アクティブワード(瞬時に引き出せる単語)になる。

(自分の言葉にすることによって、自分の言葉で表現できるようになる)

  • どんどんメモに落書きを書き込んでいく(図2)

(図2)
拡大版

  • 読む→書く→読む、を最後まで続ける

  • もう一度読むときは、ノートだけを見れば内容を思い出すことができる

注意点

  • きれいに書こうとしない

  • 言葉や文章の内容をイメージしながらラクガキする

  • 日本語を介さない

  • 難しい単語は簡単な英単語に置き換える 例 "convert"→"change" "claim"→"say" "note"→"say"

  • 定義づけをする "clergy"→ a religious community "energy conversion" = the process of changing one form of energy to another

コツはどんどん書くこと

慣れるとどんどん書くことができる。

特に難しい専門書、論文、ビジネス誌などに有効。

実体験

大学時代の実体験

大学在学時のゼミを英語で受講していた。

毎週の宿題に30ページ以上の論文を読み、

要約と論文に関する自分の考察をA4原稿用紙1ページにまとめる、というのが宿題だった。

大学生に、専門的な論文を30ページ以上も読むのは至難の業。

わからない単語が多い(専門用語だらけ)。

日本語の辞書に載っていない表現もある。

頼れるのはネットだけ。

これを1年間すると、相当な力がつく。

どんな英文でも辞書なしで読めるようになる。

英語の講義を聞いても、

英語でノートを取って、日本語を介さないで理解できるようになる。

また、日本語を介さない為、作業時間が短縮される。

時短により短縮した時間により多くの論文が読めるようになる。

これから海外の大学、大学院に留学する予定の人はぜひやってみて欲しい。

落書き英文整理法の原点に出会った小学生時代

小学生の実体験

授業中に、ノートに落書きを書いていた。

先生に見つかり、すごく叱られると思った。

運悪くその日は、家庭訪問の日だった。

自宅に担任がやってきた。

担任は授業中の私の落書きを咎めなかった。

咎めるよりもむしろ、褒めたのだった。

私が単に遊んでいるわけではなく、

落書きを書いて、ノートをわかりやすくまとめているのに

担任が気が付いていたからだ。

非常に想像力が豊かで真面目な生徒だと母に伝えてくれた。

その担任にはこの才能を見いだしたことに今でも感謝している。

そして、この落書き英文整理法は、そのときの経験を元に、

大学時代に応用して使っていたものだ。

なぜ「落書き英文整理法」なのか

なぜ落書きで英文を整理するのか

英単語を日本語で置き換えて覚えるのには限界がある。

日本語で馴染みがない言葉は英語で絶対に覚えられない。

それなら簡単な英単語に置き換えた方が引き出すのが簡単だ。

成果・能力

f:id:julikayab:20150519233359j:plain

この訓練を1年続けると

  • 英文を英和辞典なしで理解できるようになる

  • 読むスピードが上がる

  • 難しい文章も負荷が少なく読めるようになる

  • 会話の能力があがる

  • 英語で定義づけが上手くなる

  • 英語で説明するのが上手くなる

いいことしかない。

おわりに

f:id:julikayab:20150519233308p:plain

いいことづくめのラクガキ英語学習法をやらないのはもったいない!

大切なのは自分の勉強スタイルを確立すること。

絵を描いて覚えるのが自分には一番合っていた。

イメージすることが、日本語に置き換えるよりもずっと簡単だった。

聞いて覚える、書いて覚える、使って覚える、何度も音読して覚える、

人それぞれ覚え方はたくさんある。

結論は自分が一番心地よい、効率の良いやり方を見いだすことだ。

シェアかブックマしていただけると、筆者が小躍りします……|ω●`)チョーン

このブログを書いた人

ジュリカ@英語ライフワーカー 

ジュリカ@英語ライフワーカー。「英語を日常と仕事に取り入れる」をモットーに独学の学習法を紹介。海外留学・在住経験なしで独学でTOEIC 865点取得(2015年1月当時) 「人事部評価が東大より高い国際大学」に入学。4年間で3,000時間以上英語で講義を受ける。大学3年次、東京青山でインターンとして広報、企画、翻訳に携わる。英会話学校に入社。幼稚園児~社会人に英会話、英検、TOEICを指導。退職後、神奈川へ。韓国人男性と結婚。ブログでこじらせ系と揶揄される。気分が良いときは小躍りする癖がある。