読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフワークEnglish

プロが教えるTOEIC900点を最短で取る方法と英会話が上達する学習法情報満載

お得!家族で0円英会話!必要なのは「勇気」だけ!

家族で0円英会話!

Hello, everyone! ジュリカです。さて、今回は「お得!家族で0円英会話!必要なのは「勇気」だけ!」を紹介します。

登録不要、今すぐできる0円英会話!

最近は自宅でできる英会話が大変便利になってきました。英会話講師出張サービス、Skypeレッスンなど、色々身近になってきましたね。ですが、それらを家族で取り組むの?そうなったらもっと高いんじゃない?と思われる方も多いと思います。ですが、私がご紹介するのは、0円!タダ!無料!です。必要なのはちょっとの「勇気」だけ!です。こう書くとますます怪しいですね。ここで、私が読者なら警戒します。無料といいつつ最近流行のス●ード・ラ●ニン●とかじゃないのか、とか「聞き流すだけ!」とかじゃないのか。なんて。(笑)さて、話は戻りますが。

必要なもの

  • 落ち着いて話ができる環境(寝室、リビングなど。カフェなども可)
  • 最低2人(夫、嫁、子供、兄弟、姉妹、父母、祖父母。積極的な人なら誰でもいいです)
  • 話題(最近のニュース、おもしろい話、天気など、なんでも)

だけです!

そして、用意するものが整ったら、英語を話します。

…。

………。

「は?」

と思われた方。そうです。ただこれだけです。

ただ話すだけ!よーいどん!

最近、私は主人と夕食時や寝る前に英語で話す習慣を始めています。最初はすごーく恥ずかしいです。どちらが話始めるかでも、譲り合います。(気恥かしくて、自分から英語で話を始めたくないという意味でw)「無理無理無理無理!」「恥ずかしいよ、絶対無理!」と思う方多いと思います。私もそうでした。気恥かしいし、気取っているように見えるし、しかも旦那(家族)となんて無理!と思いましたが、やってみると楽しいのです。話す時間が10分、30分、1時間と増えていきます。たまに気まずい空気や空白も生まれます。(悲しいかな)ですが、めげてはいけません。とりあえず、話を続けるようにします。正直続けると頭がぱんぱんになります。夜にやるとアドレナリンがいっぱい出てその後眠れなくなります(笑)

続けた結果どうなったか

続けて数日後、二人とも英語を話すということに満足感を覚え、少しずつ自信もついてきました。また「子供ができたときのために、家庭内での英語の使用率を増やそう」と、嬉々として取り組むようになり、英語に対して嫌悪感、面倒だと思う気持ちが薄らぎました。

「私には無理」ができなくさせてる

そんなはずはありません。たとえ、中学校の英語が1でも。(それはひどいw)高校受験のときの英語の偏差値が40代だろうと。そんなの関係ないですし、いくらでもうまくなりますし、心配はまったくないのです!私たち2人とも、決して英語が完璧という訳ではありません。(特に夫)ですが、話そう、という気持ちが大事です。

 

ちなみにスペック

私 主婦、TOEIC865点

夫 貿易関係、TOEIC600点

です。

 

正直、夫の話を聞いていると眠たくなるし(おい!w)、間違いもいっぱいでたまに直します。自分が話している時も、難しい単語は説明してあげたり、通じなかったり、色々面倒です。(笑)でも!そんなときも邪見にしてはいけません!基本は楽しく、長く、たくさん話せればいいのです!

初心者でも超簡単!単語で英会話

最初から、"Can you pass me the salt, please?"とか"Could I have some milk, please?"とかそんなこと言えなくてもいいのです。というか言えるはずがないです。

なので、最初はほんっとに初歩の初歩で。単語のみで話してみましょう。

"Open." 開けて

"Close." 閉めて

"Thank you." ありがとう

"Let's go." 行こう

"Come here." こっちおいで

そんなものでいいのです。日本語を介さないでできるようになったらレベルアップします。

とりあえずPleaseとかつけてみる

"Open, please." あけて、おねがい。

"Please close." しめてください。

"Thank you so much." どうもありがとう。

"Let's go together." 一緒に行こう。

"Please come here." こっちにきてください。

Pleaseをつけると、丁寧になります。英語は長くなればながくなるほど丁寧になります。

ちょっと正しく話してみる

"Please open the door." ドアをあけてください。

"Close the window, please." 窓をしめてください。

"Thank you so much for the present." プレゼントどうもありがとう。

"Shall we go together?" 一緒に行きましょうか?

"Could you come here for a while?" ちょっとこっちにきてくれませんか?

どんどんどんどんレベルがあがり、幼児英語から小学生、中1、中2、中3とどんどんレベルをあげていきます。書店に色々な種類の本があります。ネットでもたくさん無料のものがあります。憶えられるフレーズを1日5個暗記し、繰り返し使ってみるのがいいです。5個ができれば、10個、20個と増やしていけば、日常生活はほぼ中学、高校英語程度で様々なことが説明できるようになります。

できなくてもやめなければそれでいい!

少しでも、みなさんの力になればと思っています。また別の機会に、色々なフレーズや言い回しをご紹介できたらと思います。ちなみに我が家では、子供が生まれても家族3人で親子英会話をするのが当面の夢です。それでは!Have fun!!

 楽しみながら会話力をつけたい方にはこちらもおすすめです。

 

julikayab.hatenablog.com

julikayab.hatenablog.com

 

このブログを書いた人

f:id:julikayab:20150523183545j:plain

ジュリカ@英語ライフワーカー。「英語を日常と仕事に取り入れる」をモットーに独学の学習法を紹介。海外留学・在住経験なしで独学でTOEIC 865点取得(2015年1月当時) 「人事部評価が東大より高い国際大学」に入学。4年間で3,000時間以上英語で講義を受ける。大学3年次、東京青山でインターンとして広報、企画、翻訳に携わる。英会話学校に入社。幼稚園児~社会人に英会話、英検、TOEICを指導。退職後、神奈川へ。韓国人男性と結婚。ブログでこじらせ系と揶揄される。気分が良いときは小躍りする癖がある。