ライフワークEnglish

プロが教えるTOEIC900点を最短で取る方法と英会話が上達する学習法情報満載

英語修得には1万時間必要。時間を計算してみた

都市伝説的な話


こんにちは!ジュリカ(@julikayab)です!  英語を勉強していると都市伝説な話をよく耳にする。 これもその都市伝説のひとつだ。 そして伝説を達成してる人がいるからそれも信じられない。

英語を修得するには1万時間必要

先日、独学で5,000時間以上勉強した人の記事を読んだ。

enjoylifeinenglish.blog112.fc2.com

勉強時間と効果に関して非常に興味を持った。そこで、筆者が実際どれくらい英語を勉強してきたか計算してみた。

筆者の場合

公立中学 240時間
私立高校 1,798時間
私立大学 3,198時間
------------
合計 5,236時間

留意点

  • 東京都の公立中学校3年間で2004年~2006年当時の英語の科目数を計算。
  • 東京都内にある私立高校。筆者は「国際英語科」を卒業したので、普通科の学生よりも高校時代に多く英語を学習した。公立高校であれば、この半分以下である。 
  • 大学時代に私立の国際的な大学に行き、英語で科目を受講。
  • 英語で開講された科目だけでも3,000時間以上聴いた。
  • 通常の日本語での講義のみの場合、これよりも断然少ない。
  • 文系の他学部、理系の大学を卒業した場合は、10分の1以下だろう。
  •  実際は学校に行っていない間の方が勉強していたはずだから、これよりもより多い。
  • 大学卒業後にも英会話学校の講師として勤めていたため、その時もやはり英語に触れていた時間は長い。

1万語はレジェンダリー(伝説的)な数字だ

英語を修得するのに1万語必要なのには注意したい点がある。

記事より、下記引用文。

「世界に通用する人間に共通する”魔法の数字(マジックナンバー)”…1万時間である。

…世界レベルの技術に達するには、どんな分野でも、1万時間の練習が必要だ。」

『天才! 成功する人々の法則』著マルコム・グラッドウェル 講談社 (2009-05-13)

世界レベルで活躍する翻訳家、通訳などのレベルを指している。

おわりに 

英語を取得するのに1万時間必要であるなら、 筆者はやっと半分程度英語を学習してきたことになる。 今後、1日3時間を5年続ければ、約1万時間レベルに達する計算だ。 非常に先が長い闘いである。

褒められると伸びるタイプなので、シェアかブックマしていただけると嬉しいです……|ω・`)チラ

このブログを書いた人

ライフワークEnglish 筆者

ジュリカ@英語ライフワーカー。「英語を日常と仕事に取り入れる」をモットーに独学の学習法を紹介。海外留学・在住経験なしで独学でTOEIC 860点取得(2015年1月当時) 「人事部評価が東大より高い国際大学」に入学。4年間で3,000時間以上英語で講義を受ける。大学3年次、東京青山でインターンとして広報、企画、翻訳に携わる。英会話学校に入社。幼稚園児~社会人に英会話、英検、TOEICを指導。退職後、神奈川へ。韓国人男性と結婚。ブログでこじらせ系と揶揄される。気分が良いときは小躍りする癖がある。