ライフワークEnglish

プロが教えるTOEIC900点を最短で取る方法と英会話が上達する学習法情報満載

「好きなことがない」と思った時に実践するべき3つのこと

好きなことして生きていく

ライフワークで生きると決めたのち、とてもつもない大きな壁が前に立ちはだかることがある。 「あれ?私(俺)の好きなことって何だっけ?」と気付くことである。 好きなことをして生きていきたいのに、好きなことがないなんて。 これから、そんな時に、実践するべき3つのことを述べていきたい。 まず、その前に「好きなことがない」と言っている人は 下記のような人かもしれないので、注意したい。

「●●しないといけない」病をやめる

真面目な人ほど、常日頃「●●しないといけない」「●●してはいけない」と思っている。 そのような人を「生真面目」と言うのだ。 子供のころから、「自分はいい子だ」「大人に褒められたい」と、そのような欲求を強く持っている人々だ。 なので、大人になっても、ずっとしないといけないこと、してはいけないことに縛られている。 その縛りが、ライフワークで生きることへのブレーキになっているのだ。 「こんなことしたら、恥ずかしい」「年甲斐もなく、笑われちゃう」いいじゃないですか。 一度きりの人生、大恥をかいてでも、好きなことをしていきていきましょう。 いっそ、真面目の皮を破って、不真面目に生きてみるのもいいかもしれません。 但し、その時は罪悪感などを全て捨て去って、 自由の身になった気分でいてください。
~以下、3つを実践してみよう~

好きじゃないことを探してみる

「好きなことがない」なんて言ってるひとは、やりたくなことはたくさんある。

  • 会社に行きたくない
  • 残業したくない
  • 早出したくない
  • 会議に出たくない
  • 勉強したくない
  • 朝起きたくない
  • ご飯を作るのが面倒
  • 洗い物をしたくない
  • 掃除をしたくない
  • 洗濯をしたくない
  • 人に会いたくない
  • 寝ていたくない
  • だらだらしていたくない

色々あると思う。 しかも、ところどころ矛盾している。 せめて、やめられる好きじゃないことをいっそやめてみたらいいと思う。 やりたくもないのに、やっているなんて、人生の無駄だ。 そう書くと、「楽してる」「怠惰だ」「不真面目だ」と常識を振りかざす人間がいるが、そういうのはほおっておけばいい。 実生活でするか、しないか、はさほど問題ではないからだ。

子供の時の夢を考えてみる

子供は純粋だ。 時間が無限に与えられてると思っている。 無垢で、発想も自由だ。 なりたかったものを紙に書き出してみる。

色々あったはずだ。 純粋に、「なぜこれになりたかったのだろう?」と考えると、 意外と単純だったりする。

  • 本を読むのが好きだから
  • 絵を描くのが好きだから
  • 文章を書くのが好きだから
  • 綺麗に着飾るのが好きだから
  • カッコよく変身するのが好きだから
  • 困っている人を助けるのが好きだから
  • 色々な場所に旅をするのが好きだから
  • 知らない土地の言葉を覚えて使うのが好きだから
  • 素晴らしい場所を誰かに紹介するのが好きだから
  • 星を眺めるのが好きだから
  • 星座の話や神話を知るのが好きだから
  • ゼロから自分で生み出すのが好きだから
  • 自分の好きなように空間を作るのが好きだから
  • 国際的に活躍したいから
  • 外国語を自国語で(または逆)誰かに伝えるのが好きだから
  • 綺麗な格好をして誰かにサービスを提供するのが好きだから

子供のころの夢に馳せるだけで、今までの人生で好きだったものが、どんどん溢れてくるはずだ。

まとめ:才能とは愚直に続けられること

好きなことをするのに才能は必要ない、と言った。 しかし、敢えてあげるとすれば、才能とは、愚直に続けられること、だ。 それは好きなものをずっと続けられるか、ということだ。 他人から見れば、コツコツと努力しているように見えるだろう。 だが、本人から見れば、好きなことに没頭しているだけなのである。 好きだ、と思うものをずっと続けられる、というのが、ある種の才能かもしれない。だから、とりあえず、好きなことを続けてみるのことが大事だ。

このブログを書いた人

ジュリカ@英語ライフワーカー

ジュリカ@英語ライフワーカー。「英語を日常と仕事に取り入れる」をモットーに独学の学習法を紹介。海外留学・在住経験なしで独学でTOEIC 865点取得(2015年1月当時) 「人事部評価が東大より高い国際大学」に入学。4年間で3,000時間以上英語で講義を受ける。大学3年次、東京青山でインターンとして広報、企画、翻訳に携わる。英会話学校に入社。幼稚園児~社会人に英会話、英検、TOEICを指導。退職後、神奈川へ。2015年、韓国人男性と結婚。ブログでこじらせ系と揶揄される。気分が良いときは小躍りする癖がある。